全国造形教育連盟

The National Formative Education Union

「全造連」とは正式名称「全国造形教育連盟」という造形教育に携わる研究団体の集合体です。日本の造形教育の振興を目的に結成されました。幼稚園・保育園、小学校、中学校、高等学校、大学、特別支援の全校種での全国規模組織です。
 昭和23年より毎年順番に研究発表大会を行い、今年度で71回を迎えることになりました。

NEWS

お知らせ

申し込みは終了いたしました

Perform

活動紹介

私たちは、校種を越え、ものづくりや鑑賞活動を通して、全国、世界の人々とコミュニケーションを深め、工夫し合い、より良い世界を形成する一助となる組織を目指してまいります。

Perform01

The annual congress

全造連 教育研究大会

毎年開催される全造連大会の情報を、お知らせします。

Perform02

The sectional meeting

校種別部会

幼稚園・小学校・中学校・高等学校・大学での活動をお知らせします。

Perform03

Museum sectional meeting

美術館部会

全造連では美術館と連携をとり、造形教育の新たな可能性を探究しています。

 
   

委員長挨拶

〜感性、創造性の育成を目指して〜
全国造形教育連盟委員長 大野 正人
 

 本連盟は、「全造連」の名で親しまれ、全国の幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、大学、美術館、その他関係団体から成り、1948年から実践・研究・発表活動を行ってきています。
 社会がグローバル化、複雑化する中、コミュニケーションを通した主体的・協働的な活動を推進する力を育成していくことが求められています。美しさや大切なことに気付く豊かな感性、そこからアイデアを発想したりイメージしたりする能力、そして、デザイン・表現する技能など、創造性の育成がさらに重要となっています。
 この機会にこれまでの活動の意義を再認識し、関係機関と連携し、更なる積極的な展開を行ってまいります。私たちは、校種を越え、ものづくりや鑑賞活動を通して、全国、世界の人々とコミュニケーションを深め、工夫し合い、より良い世界を形成する一助となる組織を目指してまいります。柔らかな発想や豊かな人間性によって、社会や個人が、幸福で文化的な営みができる世の中となることを願っています。